部下を指導する・教える技術

部下を指導する・教えること。簡単なようだけれど、意外に難しい。その原因は何か?
伝わっている人、聞いているかわからない人、全く響かない人...同じように聞いているはずの状況でこの差はでてくるもの。 管理職でもよくあがる悩みの一つ、それが、「指導の仕方、教え方がわからない」ということ。 仕事に関しては自身も指導や教えられたりしたことのない場合が多くなおさらです。  指導したい、教えたいけれど...どうしてよいのかわからない。

ここはまず「何を」と「どのように」のいずれがわからないのか。2つに分けて考えてみます。
「名選手が、名監督・名コーチになるとは限らない」とは、よく耳にしますが 選手と監督・コーチは違うもの。 自身でプレイすることと、それを人に指導する・教えることは全くの別物です。 特に天才的なプレーヤーで、それが自然に無意識にできている行為ほど顕著のようです。プレーヤーとしては奮わなかったけれど、研究し改善し努力した人だとできない理由、うまくいかない理由を知っており、改善しながらどうすれば上手くいくかを経験しており、指導したり教えたりに長けているというもの。

つまり指導する・教えるにもその方法があり、学ぶ必要があるということ。 

「何を」指導・教えるのか。着目するのは「行動」です。具体的な行動を細かに分析することです。こうしてほしいという望ましい行動を教え、そうするよう導くことです。その時のポイントは 行動を知識と技術に分けることです。 そして「どのように」指導・教えるのか。このポイントは具体的に、数字を使うことです。あいまいにせず、してほしい行動を具体的に数値化できるものは、数字でしめしていくのです。 

行動に着目し、知識と技術に分ける。そして具体的に数字を使って伝える。 このポイントに沿って、ぜひトライしてみてください。 あれっと思える変化を感じることができるはずです。 

Happy Joy 幸喜穂乃 Official site

『人が輝き、自ら動きだす』 福祉業界の組織活性化に向けた 人と場づくりを経営者に寄り添いサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000